カラコンのキャストモールド製法とは安全か?

今は数多くのカラコンが販売されていますが、これらのカラコンはそれぞれ製法が異なります。

カラコンの製法によって、危険性が高いカラコンもありますので、まずはカラコンの製法をよく知って、安全なカラコンを選べる知識を持ちましょう。

《こちらもCheck!》…>カラコン分析タイム

カラコンの製法には幾つかありますが、その中の一つにキャストモールド製法というのがあります。

キャストモールド製法というのはどの様な製法なのでしょうか?キャストモールド製法というのは、簡単にいうとレンズを作る際に、レンズ表面に色素を素材に混ぜ合わせて作ります。

レンズができてから色をつけるのではなく、もともと色がついているレンズができるということですね。

レンズそのものに色がついているということは、その他の製法に比べるとレンズが薄いので、装着感がよく、目には酸素が行きやすく、目が乾かないので疲れにくいと言われています。

最も気にするべきポイントは、キャストモールド製法が安全であるかどうかということをチェックする事です。

製造販売業者もたくさんありますが、コンタクトレンズ承認基準をクリアしている事、高度管理医療機器承認番号が表示されている事でも確認できます。

カラコンも高度管理医療機器もなるので、薬事法が適用されます。

本来は医療機関や眼科医による眼科検診を受け、処方箋をもらって購入します。

キャストモールド製法の場合、色素をレンズの素材に混ぜ合わせているので、品質が良くない場合、色素の部分が露出しているという可能性もなくはありません。

色素の部分が露出して目に流出してしまえば、当然目には良くない影響があるので絶対に装着してはならないカラコンといえるでしょう。

キャストモールド製法のカラコンを使用するには、安全品質を確認する必要があります。

結果、キャストモールド製法のカラコンは、色素をレンズ素材に混ぜ合わせる製法で安全ですが、品質をしっかり確認するようにしましょう。

高度医療機器販販売許可を受けていない通販サイトからは購入しない、適正使用をするなど各自で注意しましょう。